移民弁護士

移民弁護士の選び方
  • 日本語が話せるかどうかで選択をしてはいけない。日本人以外も多く顧客に抱えていて、実績のある弁護士事務所がおすすめ
  • 信頼できる人からの紹介で会うのが良い。その場合、紹介をしてくれた人が、その事務所を使ってビザを取得した実績があるかを確認すること。無かったら、避けた方が得策
  • 異常に安い場合は避けること。米国は、価格と価値が比例していることが多く、異常に安いのは落とし穴があることが多い
  • ビザは取り返しのつかない事態も発生するので、違和感を感じたら、すぐに違う弁護士事務所に行くこと


おすすめの移民弁護士
Minami Tamaki LLP

おすすめ理由
  • Yコンビネータや500Startups出身のスタートアップが多く利用しており、スタートアップ向けのノウハウを蓄積している
  • ドキュメントの量と内容、面接準備などのケアもしっかりしている
  • 日本語を話せるスタッフが2014年に入っている
  • E2ビザ担当はSuhi Koizumi氏。Kiyo Kobayashiが実際に利用してE2を取得している

  • 最終更新:2014-12-31 04:52:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード