会社設立の方法

会社設立の大前提
会社設立をすると決まったら、まずは米国の弁護士に依頼すること。日本と異なり、米国では法務関連は弁護士に依頼をするのが重要。自分で調べて、独自で設立をしようとは思わないこと。


弁護士へ依頼する理由・ポイント
  • 弁護士に依頼をする理由としては、会社設立における書類の不備があったりすると、後で罰金などが発生するし、83(b) electionなど修正ができない点もあるから
  • 他社のテンプレートをもらって、見よう見まねでやろうとしても難しい
  • 訴訟の多い国なので、投資関連の契約、雇用契約、事業における契約なども、全て弁護士のチェックをしたほうがいい
  • 83(b) electionなど、注意すべき書類が幾つかあるので、会社設立時に尋ねること
  • 投資契約書は、YコンビネータのSAFEや500StartupsのKISSというサービスがあるが、初めての場合は弁護士に依頼するのが無難
  • 慣れてくれば、Clerkyなどのサービスを使うことも可能
  • https://www.clerky.com/


会社設立場所
  • 基本的に、会社はデラウェア法人。そしてカルフォルニアに事務所の開設手続きをする
  • 選択する事業内容により、カルフォルニア州の免許が必要

  • 最終更新:2014-12-30 13:41:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード