人と会う前に

ビジネス目的で人と会う前の下準備
  • Facebook, Twitter, LinkedIn, AngelList, Crunchbaseのプロフィールなどは作っておくべき
  • 相手が後で申請を送る際、誰か見分けがつかない場合があるので、できれば顔写真か自分の似顔絵をプロフィール写真にしておくといい
  • 名前も、漢字では多くの人が探せないので、英語で探せるようにしておくこと
  • LinkedInはコネクション数があまりにも少ないと、相手が不安になる場合もあるので、少しでも増やしておいたほうがいい
  • ちなみにエンジニアでコネクション数が少ない人はいるが、ファウンダーや営業、マーケティング系の人はだいたい多い
  • もしベイエリアに長期滞在する場合は、位置情報なども日本から修正した方が良い
  • Weaveなどを使うときに、ロケーションデータを用いることもあるため
  • http://weave.in


日本とは違う米国でのSNS事情
  • 日本はビジネスでFacebookを使うが、米国はLinkedInが基本。Facebookをいきなり申請すると気持ち悪がられる
  • 日本で言うFacebookの共通の友人のように、米国でもLinkedInの共通のコネクションの数を見て、信頼度を判断される場合が多々ある
  • そのため、米国でミーティングをした相手とは、Linkedinなどで繋がっておくとよい
  • 英語に単純なミスなどがあると、人と会うのに影響があるケースがあるので、ネイティブチェックを依頼すると良いかもしれない


  • 最終更新:2014-12-30 13:53:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード