シードアクセラレーター

シードアクセラレーターとは
シードステージのスタートアップの株式を数%取得する代わりに、スタートアップに対して、メンタリングやワーキングスペースの提供、顧客や投資家の紹介を行う。Y Combinatorや500 Startupsのように幅広い分野のスタートアップを受け入れているものもあれば、Alchemist AcceleratorやLemnos Labsのようにエンタープライズやハードウェアなど特定の分野に特化したアクセラレーターもある。プログラムの期間は通常3ヶ月程度なので、ビザを保有していないファウンダーでもESTAを利用することで参加できる場合が多い。米国にコネクションのない起業家が米国で挑戦する際に参加するメリットは多い。

参加するメリット
・ネームバリュー:投資家や顧客に対する信用を獲得できる
・メンタリング:米国でのビジネス展開におけるノウハウを獲得できる
・ナレッジ共有:著名起業家や著名投資家をスピーカーに招いた定例講演に参加できる
・資金調達機会:Demo Dayを通じて多くの投資家に効率的にアプローチできる
・顧客獲得:バッチの同期や卒業生にプロダクトを導入してもらい易い
・メディア露出:英字の主要テックメディアへの掲載確立が上がる
・ネットワーキング:バッジメイトや卒業生、パートナーなどのインサイダーと繋がれる

主要アクセラレーター

・Y Combinator

・Techstars

・AngelPad

・500 Startups

・StartX

・Alchemist Accelerator

・Plug & Play Startup Camp

・Media Camp

・Lemnos Labs

その他アクセラレーター一覧

  • 最終更新:2014-12-29 12:48:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード